シェアする

ビットコインの始め方。運用スタイルでリスクに対応する方法とは?

コインを積み上げる男性

ビットコインをはじめる前に知っておきたい前提知識・注意事項

ビットコインは暗号通貨と呼ばれていますが、仕組みを理解しようとすると、どのサイトにも難しく書いてあると思います。お金を稼ぎたい人からすると、重要となるのは下記の2点ではないでしょうか。
・今後伸びるなら買いたい
・どんなリスクがどれくらいあるのか
・それらを許容できるならどうやって始めたら良いのか
の3点ではないでしょうか。

ビットコインは今後もどんどん価値が高まるでしょう。

まず1点目について、ビットコインは今後伸びるのか?
答えは伸びると思います。ビットコインは決済する上他の通貨と比べて利便性がとても高いため、世界中で注目されています。
しかし、ビットコインの認知率は97%を超えていますが、実際に保持している人はまだ約3.5%と少数です。
これからまだまだ増えてくるでしょう。少なくとも日本に関して言えば、東京オリンピックが行われる2020年まではビットコインの整備は急速に拡大していくでしょう。
なので、ビットコインに対する「良くわからない」「不安」というマイナスイメージはありますが、伸びるかどうかという点では、伸びると予想しています。

消失リスクは元本を少なく、福利を狙うスタイルで解決

次に2点目どんなリスクがどれくらいあるのか。
ビットコインの不安感を高めたもの大きな要因である、ビットコイン取引所Mt.Gox(マウントゴックス)の破綻。
一番大きなリスクは預けていた資産が消失することでしょう。電子の海に消えていって、ただの紙どころではなく、跡形もなくなくなります。
これに対して私の意見は、ビットコインに多くは預けない。基本的に福利で運用すれば、良いという結論です。
後述の投資スタイルで後述しますが、ビットコイン取引所には、日利1%で増えるところがあるため、基本的にはここを活用します。
また、ビットコインの保管はひとつの取引所ではなく、分散させるのも効率的です。

基本的にどこではじめても一緒。

3点目の始め方については、後述で詳しく解説します。

ビットコインで自分はどういうスタイルで投資したいのか

おすすめの投資スタイルは2つ。

①福利を狙う
ビットコインには、ビットリージョンのように、日利1%で運用してくれるコミュニティのようなものが存在します。
消失リスクも考えて、20万円くらいをビットコインに変えたら、3ヶ月で福利だけで元が取れるので、それを取引所に分散させるのが良いと思います。

②ビットコインFX
FXのようにレバレッジを効かせる。
FXと違って値動きが読みづらいので、リスクは高いです。
※2016年末から、値動きが激しくなりました。暴騰と急降下を繰り返しているので、デイトレ活用は今がチャンスでしょう。

ビットコインを始めるために必要なもの

・氏名/住所
・電話番号
・銀行口座の登録
・身分証明書(顔付きのもの)
があれば2,3日でビットコイン取引口座をつくることができます。
あとは、銀行振込でもクレジットカードでもビットコインを購入することで、取引を開始することができます。

ビットコインを始めるために必要な時間

初期会員登録情報登録:2,3分
身分証明書を写真にとって、スマホで送信:4,5分
身分証明書と銀行口座の確認:2~3日
クレジットカードでビットコインの購入:2,3分

ビットコインを始めるのにおすすめの取引所は?

まずはBitFlyerから始めるのが良いと思います。

・BitFlyer
日本最大手の取引所

・Zaif
使いやすい

・coincheck
ペイジーで入金可能。