シェアする

ビットコインって?今買うべきか。他の方法との比較やメリットやデメリットを検証。

仮想通貨のイメージ画像

ビットコインとは

仮想通貨のイメージ画像

仮想通貨のイメージ

ビットコインとは暗号通貨の一種。イメージ的には、日本円をドルに変換するのと同じ感覚です。なぜビットコインが投資の対象になるかというと、ビットコインを買う人が増えている今ビットコインの価値、つまり価格がどんどん増えているからです。2016年夏には、1BTC=約6万円だったのが、2016年12月には、1BTC=約12万円と、価値が2倍になっています。

ビットコインの総合評価

始めやすさ:★★★☆☆
ビットコインはとっつきにくい、難解というイメージがありますが、アカウント開設から購入まで早いもので5分くらいで始められます。

手軽さ:★★★☆☆
価格変動が読めないから、基本的に買って長期的に運用するかたちが今はベストだと思います。

稼げる額:★★★☆☆~★★★★★
早く始めれば早いほど稼げる予想。東京オリンピックまでにはビットコインはどんどん整備されていくと予想しています。その頃には、通貨としての機能が成熟するから、今のドル円みたいにそんなに大きな増減はないでしょう。

将来性:★★★★★
今ある程度買っておくと、あと1,2年は価値が上がり続けるでしょう。

ビットコインの想定収益

投資金額の2倍/年
※2017年1月現在

ビットコインの統計データ

ビットコインの価格推移

ビットコインの価格推移

2009年の秋、ビットコイン誕生当初、1BTCは約0.07円でした。それが、2016年12月には、1BTC約15万円まで上昇しました。現在一時的に下がっていますが、当時7円で100BTCをもし購入していれば、今1,500万円もの価値があります。たった7円が7年間の間に1,500万に化けると考えるとすごいことです。

ビットコインをやるために必要な準備・コストは

・メールアドレス
・携帯電話番号
・身分証明書
その他基本的な個人情報があり、スマホで身分証明書の写真を送ることに抵抗がなければ、5分ほどでビットコインの口座開設の申込をすることができます。
身分証明書が承認されるまで(約2,3営業日) は、購入金額に上限が多いところが多いです。

ビットコインのメリット

一番のメリットは伸びる倍率でしょう。
参入者がまだ少なく、これからどんどん価値があがると想定されることもメリットです。
ビットコインの認知率は97%を超えるが、持っている人は約3.5%とまだまだ少ないです。
持つ人が増えれば増えるほど価値が上がっていくので、早く参入した方が良いでしょう。

ビットコインのデメリット

ほとんどないと思いますが、法律の整備で価値が一気に下がってしまうリスクは確かにあります。
また参入している人が少ないから、分かりやすい解説が少なかったり、英語だったりするので、学習コストがやや必要です。

ビットコインをやるならいつが良いか

20万円くらい投資できる余裕があるなら、今すぐ参加した方が良いでしょう。
また、2016年末一時期1BTC約15万円まで上がったビットコインは、2017年1月現在1TC約11万円と少し下がった今が買うチャンスです。