シェアする

お金、投資の名言まとめ

風船を持つ女の子

「投資」「お金」に関する名言を紹介していきます。

投資はお金ではななく「エネルギーのやりとりだ」

自分がお金を通じて社会に参加している意識が大切です。
お金を使わず溜め込んでいる人というのは、人にお金を渡したくないということ。つまり人を信用していないことに等しいことです。

お金持ちはかっこいい

清貧の思想はひとつの考え方にしかすぎません。資本主義社会では、想いのある起業家がビジネスをつくり、世の中に価値を提供すればするほど、お金持ちになれて、社会に対して貢献しているかっこいい存在です。
汗水足らして働くことは尊く美しいという考え方があります。それ自体はひとつの価値観なので良いとも悪いとも思いません。

経済とは、人間の生活に必要な商品と金銭の、生産から流通、交換と分配、消費などのもろもろの活動の総称

赤ちゃんも経済活動に参加している。なぜなら、赤ちゃんがいなければ、オムツやベビーカーという会社はなりたたないし、そこで働く人たちも給料をもらえません。赤ちゃんは彼らに対して存在しているだけで価値があるのです。だから、すべての存在は存在しているだけで価値があります。

ブラック企業を生み出しているのは消費者

消費者が求めているから、需要があるから、会社はそれに答えようとして、価格を下げているだけです。自分たちの選択によって、自分たちの社会を悪くし、結果的に自分を苦しめているのです。社会の幸せを考えることが、結果的に自分の豊かさに通じ、お金も増えます。嫌いな人がいるのは、実はあなたがその人を嫌うという選択をしているから。あなたがその人を嫌う選択をせずに好きだと思って行動すれば、その人との関係性は変わり、結果的、ほら、嫌い人はどこにいるのでしょう。
だからただ安いというだけではなくて、自分が本当に好きなものにこそお金を使うべきです。世の中はみんなが使ったお金で成り立っています。

人々は孤独を埋めるためにお金を使います

コンビニもソシャゲも必要だからお金を使っているわけではありません。寂しいからお金をつかっているだけなのです。