シェアする

THEO(テオ)の総合評価。他の投資先との比較。始め方

PCとスマホとFintech

THEO(テオ)って?

THEO(テオ)とは株式会社お金のデザインが提供している資産運用のロボットアドバイザーサービスです。年齢、資産運用の経験、ハイリスク・ハイリターンか、ローリスク・ローリターンかなど、いくつか簡単な質問に答えたたら、人工知能が投資方針を決めてくれて、誰でも簡単に資産運用を行ええるサービスです。
総額15億円の資金調達を行っていたり、ワールドビジネスサテライトにTHEOが取り上げられたりと、注目のサービスです。

THEOの総合評価は

始めやすさ:★★★★★
簡単な5つほどの質問に答えるだけで、運用方針を決められるので、投資初心者やめんどくさいことは全部任せたい!(私もそのひとり笑)という人にはかなりおすすめです。
また、メールアドレスや基本的な情報を登録して、運転免許証やマイナンバーをアップロードすれば、約1週間くらいでアカウントを開設できます。
※2017年1月12日現在
ワールドビジネスサテライト等のメディア露出の影響で、アカウント開設に時間がかかっているようです。知り合いは2016年12月末に申し込んだが、まだ初期開設案内が送られて来ていないとのこと。
テオを検討されている方は、早めのお申込みをおすすめします。

手軽さ:★★★★☆
アカウントを開設すれば、TEHOの自分の口座にお金を振り込むだけなので、ホントに簡単。
一年に3回投資方針を変更できるが、グロース、インカム、インフレヘッジを理解しなければいけないので、少し複雑。
狙ったパフォーマンスが出ていない場合に調整すると良いでしょう。

稼げる額:★★☆☆☆
公言しているリターンは5%なので、びっくりするくらい増えるわけではありません。
しかし、銀行口座に預けるに預けるのとは雲泥の差です。
何より手軽なので、資金運用のベースにすると安定して増えていくイメージがあります。

将来性:★★★★☆
常にアルゴリズムの改修・改善を行っているという点では好印象です。
資金調達を行っているので、安心感はありますが、ロボットアドバイザーという分野がまだ新しいので、今後の流れによっては注意する必要はあります。

THEOに向いている人・おすすめする人

  • 投資初心者
  • めんどくさがりの人
  • 50万~100万くらいまとまった額が用意できる人(10万円から利用かのうですが、効果を実感するにもある程度あった方が良い)

THEOを行うために必要な準備・コストは

  • メールアドレス、住所、電話番号などの基本情報
  • 銀行口座
  • 免許証などの身分証明書
  • マイナンバー
  • 最低投資金額:10万円
  • 手数料:運用額の1%

THEOのメリット

難しい投資の知識が一切いらないところが最大の魅力でしょう。
新興国株など今ホットな投資の選択肢を増やすことができます(実際にはロボットが勝手に買ってきてくれるので、お金を振り込んでいるだけですが)
ポートフォリオがかなり豊富です。
分散投資こそが最高のリスクヘッジと謳ってるいるだけあって、投資先がかなり多様です。
初心者の私でもかなり投資家っぽい自己イメージを持つことができました。
あと余談ですが、個人的にデザインが気に入っています。

THEOのデメリット

リスクがそんなに取れないので、FXと比べるとそんなに稼げないところです。
なので、FXやその他の副業で種銭を増やす→THEOに入れて安心堅実に増やしていく、というサイクルがおすすめです。