シェアする

THEO(テオ)の運用実績は?5ヶ月目の実績を公開。+7.8%

収益を計算するイメージ

THEO(テオ)って?

THEO(テオ)とは株式会社お金のデザインが提供している資産運用のロボットアドバイザーサービスです。年齢、資産運用の経験、ハイリスク・ハイリターンか、ローリスク・ローリターンかなど、いくつか簡単な質問に答えたたら、人工知能が投資方針を決めてくれて、誰でも簡単に資産運用を行うことができるサービスです。
総額15億円の資金調達を行っていたり、ワールドビジネスサテライトにTHEOが取り上げられたりと、注目のサービスです。

ロボットアドバイザーって?どんな人が利用しているのか。AI投資のメリットやデメリットを検証。
ロボットアドバイザーとは ロボットアドバイザーとはフィンテックのひとつです。概要としては、お金を預けるて、ハイリスク・ハイリターン...

THEOはどういう設定で行っているのか

THEO(テオ)のおすすめ設定

THEO(テオ)のおすすめ設定

こんな設定です。どちらかというとややハイリスク・ハイリターン設定にしています。 先進国株や新興国株などの値上がり益重視の「グロース」に約4割、先進国国債などの配当・利息重視の「インカム」に約4割、残りは物価上昇対策のインフレヘッジです。

THEOの運用実績はどうか

THEO(テオ)の運用実績5ヶ月目

THEO(テオ)の運用実績5ヶ月目

5ヶ月経った今の運用実績です。約8%のリターンで順調に伸びています。
何回かTHEOに増資したので、見かけ上増資のタイミングでパフォーマンスが下がったよう見えますが、基本的に右肩あがります。安定的なパフォーマンスなので、今後もTHEOを資産運用の土台にしていく予定です。

THEOの増資のタイミングはいつのが良いのか

基本的にどこで増資しても良いと思います。毎月の給料から決まった額と、ボーナスやビットコイン・FXで増やしたお金をTHEOに増資して安定稼働させていく予定です。

トランプ大統領のTHEOに対する影響はどうか

11月の大統領選でトランプ氏の勝利が市場に大混乱をもたらすのではないかと投資家たちが心配していたようで、結果ドル/円は大きく円安の方向に動きました。専門的な話はまだよくわかりませんが、THEOの理論は、「分散投資以上のリスク管理は存在しない」というもので、結果的に10月~12月もTHEOは安定して高いパフォーマンスでした。
1月20日にひかえたトランプ氏の大統領就任でのパフォーマンスも楽しみです。